INTERVIEW  vol.01  2016.10.21

04

総合法令出版  大島永理乃さん

profile

ご出身:広島県(カープファンです)

経歴:広告営業→広告制作→子どもの国でダンサー→今

代表作:『1日が27時間になる! 速読ドリル』『男はお金が9割』

趣味:ピアノを弾く(ベートーベンが好き)、まんがを読む(特に東村アキコさんが好き)

好きなコトバ:「満腹」

愛用グッズ:鳥のペンケース

 

きっかけは、どんな日本一なんだろう…?という興味でした

こんにちは、ISSHIKIデザイナーの藤塚です。今回は私がカバーのデザインを担当し、10万部突破した「速読ドリル」の編集者・総合法令出版の大島さんに速読シリーズについて伺ってきました!

 

cover_sogo_sokudoku

『1日が27時間になる!  速読ドリル 』
著者:角田和将
https://www.amazon.co.jp/dp/4862804616

 


 

大島:ドリルシリーズを始めてから1年以上経ちましたね。

 

藤塚:著者さんとはどんな出会いでした?

 

03

 

大島:ある方から、おもしろい人がいるから会ってみませんか?と言われて。速読日本一の人だというんです。でも、「速読日本一」と言われても、最初は疑念がありました。本当かな?って。何かの分野で日本一になれるって、なかなかないじゃないですか。なので、どんな日本一なんだろう、会って確かめたいと興味が湧きました。

あとは著者が偏差値40だったということにも親近感を持ちました。私も国語が苦手だったので(笑)。偏差値40でも速読ができるんだったら、苦手意識がある人に共感してもらえるんじゃないかと思ったんです。実際、著者にお会いしてみたら、できない人の気持ちがとてもよくわかる方で、一気に「この人の話を本にしたい!」と思いました。でも、理論を紹介する速読の本では、国語が苦手な人に手にとってもらえません。そこで、「問題」に焦点をあてた本にしようと。

 

藤塚:おすすめの問題はどれですか?

 

大島:漢字の問題がとっつきやすいと思います。でも、一番力を入れたのは間違い探し。イラストが、ストーリー仕立てになっているんですよ。(総合法令出版デザイナーの土屋さんと)

 

藤塚:ホントだ!さりげない遊びが入っていますね。

 

大島:この間違い探しコーナーに出てくる2人なんですけどねぇ…

07

大島:飲み会で出会って…

10

大島:デートして…

11

……このあとどうなるかはお楽しみということで(笑)。

 

06

↑楽しい問題がたくさん。インタビューを忘れてついついやってしまいます。

大島:書店さんに「どういう本なの?」って聞かれたときに問題を見せたら一緒にやってくれて、盛り上がることも多いです。おもしろいって言われて、ワゴンで積んでもらったり。

書店で大きく展開

img_3196%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

↑2メートルパネルも展開していました。TSUTAYA三軒茶屋店。写真は著者の角田和将さん。

カバーのウラ話

藤塚:カバーは3案中、デジカル社内では選ばれないと思ってたものが採用されましたよね(笑)。 27時間の時計案は打ち合わせのとき大島さんが提案してくれて。

 

大島:即決でした。編集で見たあと、営業のメンバーにも見せるのですが、同じく即決。シンプルでわかりやすいと評判で。本を開いてすぐのところに登場する「時計マン」も気に入りました!

Print

↑ラフ案

 

05

↑カバー袖の時計マン

 

藤塚:ところで、なぜデジカルに依頼してくれたんですか?

 

大島:以前ほかの編集者が御社の萩原さんにお願いしていたんですが、メリハリのあるデザインが特徴的で、いつかお願いしたいなと思っていました。実際にお願いしてみると、デザインはもちろんのこと、打ち合わせでの聞き方に感銘を受けました。とにかく本について興味を持ってくださって、話を引き出してくださる。できる前から良いものができるな、と感じます。藤塚さんもDNAを引きついでおられ、毎回頼りにしております!

 

藤塚:あ、ありがとうございます!がんばります! 今後、ドリル以外で展開したい企画はあります?

 

大島: いろんな投資を紹介する本ですね。会議室、コインランドリー、カブトムシなどなど、新しい投資の形が増えているので、それを形にできたらなと。また本を通じて、世の中に埋もれているおもしろいひとを、一人でも多く紹介していきたいと思っています。

02

↑記念にパシャり。私(左)が持っている本は9月末に発売した『「覚えられる」が習慣になる! 記憶力ドリル』です。
https://www.amazon.co.jp/dp/4862805205

普段打ち合わせで聞けないお話など、楽しくお話しさせていただきました。今後のご活躍も楽しみにしています。

大島さん、ありがとうございました!!


ちなみに今回取材で使わせていただいたお店はコチラ

01

SCOPP CAFE(新宿三丁目)

隠れ家のような雰囲気でリラックスできるカフェです。一人でゆっくり過ごしたい方にもオススメのお店。